旅行業務取扱管理者 知識

旅行業務取扱管理者には知識が必要?

旅行業務取扱管理者の資格を取得後に、実務を通しながら旅行業のルールを身につけることはとても大切です。

 

例えば旅行の企画の仕事を通して、旅行業法や不当景品類及び不当表示防止法などの旅行に関係する法律を知らなければいけません。

 

すなわち、それは旅行業のルールを学ぶということです。旅行業のルールとは、旅行業法や標準旅行業約款を守ることだと言えるでしょう。

 

旅行の企画をルールに従い作成し、顧客を募集することがパンフレットを作るということに繋がります。旅行業のルールを分からないままでは、パンフレットを作ることも出来ません。

 

具体的には、パンフレットを作成する際も、旅行の催行時期毎に観光箇所や観光方法などたくさんの注意事項が存在します。ですから、法律の基本は抑えておかなければいけないし、旅行業法が変わった際にはそれを反映していかなければいけません。

 

法律や法令の知識をしっかりと身に付け、プラスで過去の経験を付加して、適切な判断を下していくことがとても大切だと言えるでしょう。

 

そういった意味でも、最新の旅行情報や流行を知ることも重要ですが、世の中の法改正や旅行業法の変更、コンプライアンスなどについても、常にアンテナを張っておくことが求められるのです。

 

また変更・改正後に柔軟に対応できる能力も、旅行業務取扱管理者には求められているのです。