旅行会社 営業職

旅行会社における営業職の専門スキル

営業職の専門スキルとは?

 

あなたが旅行会社の営業マンであり、他社であるB社に訪問したと仮定しましょう。B社には店舗カウンターがあり、たくさんのパンフレットを陳列していますが、パッケージツアーの注文に伸び悩んでいると聞きました。

 

このような場面で、これまで自社との取引はないものの、受注型企画旅行や手配旅行の契約を締結してもらうようにお願いするのが営業の仕事であり、腕の見せ所にもなります

 

その際には、例えば、自社はタイに強い専門旅行会社でタイ国際航空でも実績があるのであれば、バンコクとプーケットにもオフィスを構えており、現地に日本人スタッフがいることなどをアピールしていくのも良いでしょう。

 

パンフレットの制作にも携わる

 

営業スタッフは、時にパンフレットの制作に携わることもあります。パンフレットの制作会社とツアーパンフレットの仕様や、制作進行のスケジュールについて打ち合わせをしていきます。

 

日本人観光客に人気のあるホテルを中心に、パンフレットの掲載する利用が可能なホテルを入れ替えたり、検討したり、プランを加えたりしながらパンフレットを制作していきます。

 

パンフレットを制作する際に、ポイントとなるのは、数多くあるパンフレットの中からどのようにして自社のパンフレットをお客さんの手にとってもらえるから工夫をすることです。他社の旅行商品との差別化を図りながら、みんなで知恵を振り絞って、さまざまなアイディアをだしていくことが大切なのです。

 

コース内容を充実させるために、スパの無料体験を組み込んだり、無料でプーケット島の観光を提供したりといった具合です。また提案できるホテルの数を増やして、お客さんが希望するホテルや部屋を自由に選べるようにしておくことも必要でしょう。

 

パンフレット制作に費やせる時間は、2ヶ月程度になりますから、時間との勝負だと言っても過言ではありません。