旅行業務取扱管理者 仕事

旅行業務取扱管理者の仕事

 

旅行が好きな人であれば旅行会社の窓口で、JR各社の周遊券、航空会社を利用して宿泊先やレンタカーなどを組み合わせたANAのスカイホリデー、スカイパックツアーズの前日予約パックなどの、個人用のお得なパッケージツアー商品を作成してもらって旅行をしたことがある人もいるでしょう。

 

また学校でおこなう修学旅行や遠足は、引率する先生達の意見も取り入れながら、旅行会社が企画旅行や手配契約旅行契約をして、実施されるケースも多いです。

 

旅行会社の窓口で、旅行者の希望に応じて上記にあげたような旅行の申込を受付けることは、旅行会社で勤めていれば誰もが経験する無資格でもできる仕事になります。

 

旅行業務取扱管理者の仕事は、このように窓口で受付けたり、訪問販売で獲得した旅行業務内容のマネージメントや、無資格の社員がおこなった仕事についての管理や監督など多岐に渡っています。

 

また、もし自分の会社で取り扱った旅行商品に関してクレームなどが発生した場合には、旅行業法上の責任者として、的確に処理をおこなわなければなりません。

 

具体的な業務内容について

 

旅行業務取扱管理者の業務は、旅行業法施行規則第10条に定められています。具体的には次のようなものがあげられます。

 

直接に旅行に関係するもののついては、募集型企画旅行や受注型企画旅行の商品企画を立て、その企画旅行が円滑にとり行われるように措置をします。

 

また手配旅行に必要な予約や、切符や宿泊券を発行します。そして取り扱った旅行の契約書類には、旅行業務取扱管理者として記名して旅行者と契約を交わします。

 

そして旅行商品を広告など出して宣伝する際には、その広告が国土交通省で定められた規約に基づいてるかどうかチェックをしたり、企画旅行を実施する際の旅行業者の名称・登録番号、旅行の目的地や日程、旅行サービスの運送・宿泊・食事などの内容、添乗員が同行するか否か、といった細かい旅行条件までチェックしていきます。

 

さらに旅行代金の最低額と最高額の表示や、必要事項に誤りなく記載されているかといったことも確認する必要があるでしょう。

 

他にも旅行業約款の掲示、顧客から旅行の申込を受けた際の取引条件の説明、企業や団体などを訪問しての販売促進活動。手配旅行では、団体旅行への添乗、旅行者の顧客管理なども含めた販売市場の調査や整理や旅行者の相談対応などまでおこないます。

 

上記であげたようないくつもの仕事を、勤務する会社の規模に応じて、その一部〜全部に至るまで担当することになるでしょう。

 

添乗の資格について

 

団体旅行などに同行、旅行が円滑に実施されるように管理する人を添乗員と呼びます。手配旅行に限っていえば、旅行会社の社員であれば経験に応じて無資格でもおこなうことができます。

 

しかし現在の法律では、例え旅行業務取扱管理者であっても、募集型企画旅行や受注型企画旅行では、主任添乗員に同行することはできても、自らが主任添乗員として添乗することはできません。

 

もし添乗員としての業務も兼ねたいのであれば、所定の旅程管理研修を受講して、旅程管理主任者というまた別の資格を取得する必要があるのです。