国内旅行業務取扱管理者試験 出題内容

国内旅行業務取扱管理者試験|出題内容とは?

国内旅行業務取扱管理者試験では、どのような問題が出題されるのでしょうか。

 

内容を少しでも知っていれば、試験勉強も捗りやすくなりますので、ご紹介しておきます。

 

国内旅行業務取扱管理者試験の出題内容とは?

国内旅行業務取扱管理者試験においての出題内容とは、どのようなものとなっているのでしょうか。

 

国内旅行業務取扱管理者試験

(平成26年試験参考)

 

出題形式

4肢択一式問題(マークシート方式)

 

出題内容

・旅行業法及びこれに基づく命令(25問)
・旅行業約款、運送約款及び宿泊約款(25問)
・国内旅行業務(37問)

 

受験資格

特にありませんので、誰でも受験することが可能となります。

 

上記のような内容にて実施されます。

 

国内旅行業務取扱管理者の試験では、当然ながら国内の旅行に関する内容が出題されることになりますので、地理などについても学習を深めておく必要があります。

 

出題頻度の高い項目というのは必ずありますので、過去の問題などを確認し、どのような問題がよく出題されるのかという事をあらかじめ理解しておく必要があります。

 

例えば、禁止となる行為や、企画旅行の実施のための措置などは、よく出題される傾向にあります。

 

前年度の国内旅行業務取扱管理者試験において不合格となった方のうち、国内旅行実務に関して合格となった方については、国内旅行実務の科目が免除されるという制度があります。

 

受験願書の申請を行う事で、免除にしてもらうことが出来る様になりますので、確認してみてくださいね。

 

難しそうだけど初心者でも大丈夫?

上記のような国内旅行業務取扱管理者試験の内容を見てみると、旅行関連について何も知識がないという方の場合には、不安になってしまうかもしれません。

 

ですが、試験対策講座などを受講することによって、要点に絞った学習を行うことが可能となるほか、分かりやすいテキストや解説によって理解しやすい状態となります。

 

実際に、初めて受験するという方は多くおられますし、躊躇することなく目標に向かって一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。