旅程管理主任者 ツアーコンダクター

旅程管理主任者(ツアーコンダクター)の資格

資格を取得するための条件

 

旅程管理主任者は別名、ツアーコンダクター・添乗員とも呼ばれます。例え旅行業務取扱管理者の資格を持っていても、旅行の添乗業務をおこなう際にはこの「旅行管理主任者」の資格を持っていなければ、募集型・受注型企画旅行の主任添乗員(チーフコンダクター)としての仕事はできません。

 

旅程管理主任者の資格には、国内旅行だけの添乗可能な「国内旅程管理主任者」と、国内旅行と海外旅行の添乗可能な「総合旅程管理主任者」の資格があります。

 

これらの資格を取得するためには、以下の条件が求められます。

 

@国土交通大臣の登録を受けた期間が実施する旅程管理研修了して、所定の試験に合格すること
総合または国内の旅程管理研修は、社団法人日本添乗サービス協会(TCSA)、社団法人日本旅行業界(JATA)により実施されています。JATAについては、旅行業界で働く人や旅行業者に「添乗業務をおこないまいした」と照明された人が受講資格を持ちます。

 

また国内のみの旅程管理研修の場合は、社団法人全国旅行業協会(ANTA)が実施している研修を受けることもできます。

 

A旅行業法で定めた一定の添乗経験を持っている
添乗経験に関しては、国内・総合どちらも、旅程管理研修の過程を受講する前後1年以内に1回以上が必要になります。または研修を修了した3年以内に2回以上の添乗経験でもOKです。

 

旅行業務管理者とは違う

 

現在の旅行業法では、旅行業務の管理・監督をメインにおこなう「旅行業務取扱管理者」と、ツアーなどに同行して旅行を管理する旅程管理主任者(添乗員)の資格をはっきりと分けています。

 

ただ一つ勘違いをしやすいのは、旅程管理主任者の資格が必要になるのは募集型・受注型の企画旅行の添乗業務をおこなう時のみで、手配旅行や一般的な旅程管理については、特に資格は必要ないといえるでしょう。

 

また旅行業界に就職したとしても、内容によっては旅程管理主任者の資格も必要となりますが、資格を取得するためには必ず添乗経験が必要なことは覚えておきましょう。