旅行業務取扱管理者 試験 独学

旅行業務取扱管理者|試験は独学で合格できる?

旅行業務取扱管理者の資格は、独学で合格することが出来るのでしょうか。

 

現在は別の仕事や旅行関係の仕事をしているという方や、育児中だという方であれば、講座を受講するよりも、独学で受験したいと考えられるかと思います。

 

そこで、旅行業務取扱管理者の資格は、独学で取得することができるのかどうかという点について、ご説明していきます。

 

旅行業務取扱管理者

旅行業務取扱管理者の資格には、2種類の資格があります。

 

1,国内旅行業務取扱管理者
2,総合旅行業務取扱管理者

 

この2種類のうち、どちらを受験する場合であっても、指定の講座やスクールに通わなくてはならないという規定はなく、どなたでも受験することが可能となっています。

 

そのため、独学にて学習し、試験を受験することで合格できれば、資格を取得することが可能です。

 

独学よりも講座をおすすめします

国内旅行業務取扱管理者と総合旅行業務取扱管理者の試験を受験するとなれば、当然その対策が必要になります。

 

独学の場合には、テキストを選び購入することや、その勉強方法、スケジュールなど、全て自分で行わなくてはなりません。

 

その上、広範囲にわたる出題の中から、重要な点を見つけ出すという事が出来なくては、合格することは難しいとも言えます。

 

講座などを受講し、試験を受験するための対策を行う事によって、このような不安は全て解消されます。

 

不明な点があっても質問サポートがある講座は多くありますし、疑問を残したまま試験を受験するという事もありません。

 

自分の苦手とする部分をしっかりと解説してもらったりすることも可能ですので、その知識は独学よりもはるかに身につきやすくなります。

 

また、通信講座であれば、独学同様、自分のペースで学習することが出来るために、仕事で忙しい方や育児中の方であっても安心して学習出来ます。

 

総合旅行業務取扱管理者の試験ともなると、やはり難しい内容も出てきます。

 

独学で合格することは可能ですが、重要な点をしっかり押さえたり、合格へと近づくためには、やはり講座などを受講されることをおすすめします。