最短 旅行業務取扱管理者 資格

最短で旅行業務取扱管理者の資格を取得するには?

試験日までにあと数ヶ月しかない!という場合や、仕事の都合上出来るだけ早く取得したい!という場合には、最短で旅行業務取扱管理者の資格を取得したいと考えると思います。

 

最短で資格を取得するには、どのようにすればいいのでしょうか。

 

旅行業務取扱管理者の資格取得方法

まず、旅行業務取扱管理者の資格を取得するには、どのような方法があるのか見てみましょう。

 

1,独学で学んで試験を受験する方法
2,通信講座などの講座を受講して学び、受験する方法

 

資格を取得するには、以上の2種類の方法があります。これらは国内旅行業務取扱管理者でも総合旅行業務取扱管理者でも同じです。

 

では、この2種類の方法のうち、最短で取得できる方法について、ご紹介します。

 

最短で旅行業務取扱管理者の資格を取得するには?

最短で旅行業務取扱管理者の資格を取得するには、どうすればいいのでしょうか。

 

上記2種類の方法から考えてみます。

 

独学で学ぶ場合

独学で学ぶ場合には、テキストや参考書などを一通り自分で揃え、一から勉強していくことになります。

 

そのため、効率の良い勉強法が見出せなかった場合には、かなりの時間を要する事になります。

 

仕事をしながら取得を目指す方や、家事などに追われて時間が無いという方の場合には、さらに時間がかかってしまいます。

 

ただ、うまく自分に合う良い勉強法や、効率の良い勉強法が見つかったとすれば、最短で資格を取得できる方法となるかもしれません。

 

講座などを受講する場合

対策講座などを受講する場合には、講座を開講しているスクールによって受講期間が異なります。

 

講座を受講するとなると、国内旅行業務取扱管理者の場合には4ヶ月程度、総合旅行業務取扱管理者の場合には8ヶ月程度の期間がかかります。

 

ですが、しっかりと効率の良い勉強法で学習できますし、要点を押さえていますので無駄がありません。

 

そのため、場合によっては独学よりも早く取得できる可能性があります。

 

最短と言えるのは独学かもしれませんが、合格できなくては意味がありませんので、やはり講座を受講するという方法が最短の取得方法だと言えます。