総合旅行業務取扱管理者試験 期間

総合旅行業務取扱管理者試験|どのくらいの期間で合格できる?

総合旅行業務取扱管理者試験に関して、どの程度の期間で合格することが出来るのかという点は、とても気になると思います。

 

仕事のために必要となった場合には、やはり出来るだけ早く取得したいと考えるでしょう。

 

ここでは、”総合”旅行業務取扱管理者試験は、どのくらいの期間で合格できるのかについて、ご紹介していきます。

 

総合旅行業務取扱管理者試験はどのくらいの期間で合格できるの?

総合旅行業務取扱管理者試験を受験する際の、受験資格というものは、特に設けられていません。

 

そのため、どなたであっても受験することが出来ますので、独学でも可能となっています。

 

ですが、もう一つの方法として、受験対策講座を受講するという方法があります。

 

独学での受験と、講座を受講するという方法では、どの程度期間に差があるのかという事についても、触れていきます。

 

独学の場合

独学で総合旅行業務取扱管理者試験を受験しようとする場合には、テキストを揃えたり、学習計画を立てたりと、様々な準備期間が必要になります。

 

そのため、効率よく学習し、要点を押さえることが出来たとしても、4ヶ月以上はかかると思われます。

 

仕事をしながら受験するという方であれば、空いた時間に広範囲の学習を行わなくてはなりませんので、かなり時間がかかってしまいます。

 

理解力や効率のよさなどは関係しますが、社会人の方であれば半年以上は見ておいたほうがいいかもしれません。

 

講座などを受講する場合

講座などを受講し、旅行業務取扱管理者試験を受験する場合であれば、独学とは異なり、学習スケジュールやテキストなどがあらかじめ用意されています。

 

また、合格点を目指す内容となっている講座が多くありますので、無駄な学習を避けることが出来ます。

 

では、いくつかある講座の中から、主な講座を見てみましょう。

 

ユーキャン

標準学習期間8ヶ月。8ヶ月間、教材やテキストで自宅にて学習し、分からない部分は質問サポートを利用し解決していきます。

 

添削課題を提出し、個別のアドバイスを受ける事によって、合格へと近づくことが出来ます。

 

標準学習期間である8ヶ月をオーバーしてしまった場合でも、指導サポートが翌年の試験直前まで受けられますので、安心して受講できます。

 

また、既に国内資格を取得されている方であれば、総合・科目免除コースというものがあり、こちらの標準学習期間は6ヶ月となっています。

 

資格の大原

9ヶ月〜10ヶ月程度。こちらの講座では、総合旅行合格コースと、国内・総合W合格コースと、総合(国内有資格者)合格コースの3種類があります。

 

国内と総合の同時合格を目指すためのコースでは、初学者も対象となっていますので、全く知識がないという方も受講することが出来ます。

 

総合(有資格者)合格コースでは、8ヶ月程度の学習期間となります。

 

基礎知識から出題傾向を反映したトレーニングまで、多くのことが学べる内容となっています。