国内旅行業務取扱管理者試験 期間

国内旅行業務取扱管理者試験|どのくらいの期間で合格できる?

旅行業務取扱管理者試験は、どのくらいの期間で合格することが出来るのでしょうか。

 

ここでは、”国内”旅行業務取扱管理者試験について、見ていきたいと思います。

 

どのくらいの期間で合格できる?

国内旅行業務取扱管理者試験を受験するには、以下のような方法があります。

 

・独学で学んで試験を受験する
・通信講座などを受講して、受験する

 

このような方法がある中で、2つの方法別に見ると、どのくらいの期間で合格できるのでしょうか。

 

独学で学んで試験を受験する場合

独学で学んで試験を受験するとなると、そのためのテキストや参考書などを購入し、一から学ぶ事になります。

 

どのようなテキストが良いのか、テキストのどの部分を重点的に学べば良いのかという事がわかりづらく、理解もしづらいと思います。

 

働きながら独学で勉強するとなれば、効率の良い勉強法がなくては、なおさらのことです。

 

そのため、受験するまでにかなりの時間を必要とする場合があります。早くても半年からそれ以上の期間を要する事になるでしょう。

 

通信講座などを受講して受験する場合

通信講座などを受講して受験する場合には、講座によって期間が異なります。

 

例えば、ユーキャンの旅行業務取扱管理者 合格指導講座の国内コースの場合を見てみると、4ヶ月程度の受講で済みます。

 

講座を開講しているスクールの中には、通信講座で2ヶ月というスピード講座を開講しているところもあります。

 

このような講座を受講する際には、要点に絞って学習することが出来ますので、とても効率の良い学習を行う事が可能です。

 

また、このような講座の特徴として、満点ではなく、合格点を目指すというものがあります。合格点を目指せるように学習していきますので、無駄がないというのもポイントです。

 

通信講座などを受講するとなると、費用はそれなりに必要となるのですが、独学よりも期間が短く、効率的な学習が行えることになります。