総合旅行業務取扱管理者 国内旅行業務取扱管理者

総合旅行業務取扱管理者と国内旅行業務取扱管理者

 

旅行業務取扱管理者は「総合旅行業務取扱管理者」と「国内旅行業務取扱管理者」の2種類の資格があります。

 

また旅行会社にも大きく分けると、旅行業や旅行業者代理業があり、それぞれが取り扱う旅行業務に応じて総合旅行業務取扱管理者、もしくは国内旅行業務取扱管理者を各営業所ごとに1人以上配置して、営業所の管理や監督などの責任業務を任せています。

 

ですから、第1種、第2種、第3種すべての海外旅行の業務を取り扱う旅行業や、海外旅行を扱う旅行業者代理業の営業所には、必ず海外旅行・日本旅行のどちらも扱うことができる、総合旅行業務取扱管理者が常勤していなければなりません。

 

また、旅行業法の第11条では、1名以上の総合旅行業務取扱管理者が必要だと定められていますが、選任・配置された総合旅行業務取扱管理者が1名だけでは、その資格者が外出をしていたり、休暇で会社を休んで不在の場合には、旅行の申込に来た顧客と新規の旅行契約を結ぶことができません。

 

そのため実際は、複数の資格保有者が必要となります。

 

さらには国内旅行だけを扱っている第2種と第3種の旅行業者や、国内旅行業務だけを取り扱う旅行業者代理業の営業所には、1名以上の国内旅行業務取扱管理者が必要となります。