旅行業務取扱管理者 職場

旅行業務取扱管理者の職場

 

ここでは旅行業務取扱管理者が勤務する職場について紹介していきたいと思います。

 

旅行業務取扱管理者が働く職場は、旅行会社・ホールセラー(航空券、募集型企画旅行・受注型企画旅行のためのユニット商品など旅行商品の卸売会社)・ツアーオペレーター(旅行の手配会社)・旅行案内所などが代表的なものとしてあげられます。

 

他にも航空会社・航空会社の代理店・ホテル・ホテルレップ(海外ホテルの予約代理店)・旅館案内所・鉄道会社・船舶会社・バス会社・国際線空港内の免税店・旅行コンサルタント会社・旅行系専門学校・各国の政府観光局・各県の観光課などが依託する観光案内窓口・インターネットの旅行サイトの運営会社など・・・さまざまな職場があります。

 

現在、旅行客の旅行全般に関する知識が高まっており、将来、より多くの旅行関連事業をおこなう旅行業者以外の企業・団体の存在を考えると、旅行業者取扱管理者の資格を持っている人の働く場所(職域)は増えていくだろうと予測ができます。

 

旅行業務取扱管理者が多い職場

 

@鉄道会社関連

JR東日本(東日本旅客鉄道株式会社)の「びゅうプラザ」が自社の駅で営業をしています。JR運賃の知識に精通した人が多いこともあって、社員に国内旅行業務取扱管理者の資格取得を社を上げて取り組んできた。現在では海外旅行商品も扱っており、総合旅行業務取扱管理者の資格を保有している人もたくさん働いています。

 

Aバス会社関連

社団法人日本バス協会に加盟しているバス会社では、県内のバス旅行だけけでなく、遊覧船や宿泊施設などを組み合わせた観光バスによる旅行も販売しています。こうしたバス会社にも、国内旅行業務取扱管理者が多数働いています。

 

B航空会社関連

航空便を利用したパック商品(募集型企画旅行)や販売には、総合旅行業務取扱管理者の資格を持つ人が必須になります。職場には英語や航空運賃に詳しい人が多く、実務でも役立つ知識として資格を取得する人も多いです

 

Cツアーオペレーター

この仕事は、旅行会社などで働き資格を取得したうえで転職する人が多いです。そのため、海外旅行に関する知識や業務経験も、豊富な人が多いのが特徴です。最近では、海外の観光ツアーなどの申込を事前にインターネットで受付ける相談窓口を設置している会社も増えてきています。一般旅行客の対応も頻繁にあるため、旅行業法などの専門知識を持つ総合旅行業務取扱管理者が多い職場になります。